通関士は主婦の資格、資格で転職の他に起業にも役立つ

通関士は、再就職を目指す主婦の資格、資格で転職を目指す女性の他に、起業しようとお考えの女性にも役立つ資格です。

モノを輸出入するときに税関に申告して許可を受けるための一連の手続きを行える国家資格です。特にまったく新しいモノを輸入するときには、関税をいくらに設定するかが問題になります。通関士は適正な税率を設定してもらうために関税当局と折衝することもあるダイナミックな仕事でもあります。

通関士が、再就職を目指す主婦の資格、資格で転職を目指す女性の他に、起業しようとお考えの女性にも役立つ資格というのは、海外の商品を輸入販売するショップを会社形態で経営しようとすると、通関士が必要になるからです。

ただの個人業種としてショップを経営する場合は特に必要ありませんが、会社組織にして本格的に起業しようとする場合、通関士による輸入手続きが絶対に必要になります。通関業者に依頼することもできますが、自分で通関士の資格を持っていれば、依頼のためのコストはかかりません。税関当局との折衝によっては、自分のビジネスに有利な税率を設定してもらうことも可能です。

もちろん、起業のときだけでなく、通関士は再就職を目指す主婦の資格としても、資格で転職を目指す女性にとっても役立つ資格といえます。

通関士が必要な職業は港湾関連、運輸業、倉庫業などだけと思われがちですが、モノの輸出入をメーンに行っている場合にこれら業種以外の企業が通関士を必要とするケースが増えています。商社のなかには取得が義務付けられている会社もあります。

今は、海外で事業を行う会社が急激に増えていますので、メーカーや中小企業のなかにも通関士資格を持つ人材を求める例が増えています。

主婦の方のなかには、ご主人が輸出入業を営んでいて、それを手助けするために通関士資格を所得するというケースもあります。税関当局と折衝するという大事な仕事もできますので、会社の業績を上げるという役割も担えます。