ファイナンシャルプランナー(FP)は主婦の資格、転職の武器に!

ファイナンシャルプランナー(FP)は、個人の資産設計に関する様々な相談に乗る能力を判定するための資格です。国家資格としてのファイナンシャルプラ二ング技能士、日本FP協会が行っている民間資格のCFPとAFP資格があります。

主婦の資格、資格で転職の武器になるのは、CFPとAFPです。ランクから言いますと、CFPはAFPの上級資格として、本物のプロのファイナンシャルプランナーである証になりますので、最終的にはCFPを目指すべきでしょう。

ファイナンシャルプランナー資格が、主婦の資格、資格で転職の武器になるという理由は以下のような理由からです。

金融や不動産業界などへの再就職、転職の可能性が広がる

保険外交員の資格を追加取得すれば保険外交員として、証券外務員の資格を追加取得すれば証券営業社員としてそれぞれ活躍できる道が広がります。また、銀行でも保険や証券商品の窓口販売をしていますので、銀行員としても働く道が開けます。

また、個人の資産設計の相談で最も多く、重要なもののひとつに土地の相続や運用があります。宅地建物取引主任の資格(宅建)を追加取得すれば、不動産業界の営業社員としての道も開けてきます。

追加取得する資格ですが、保険外交員と証券外務員は簡単です。宅建のみ多少の勉強を必要とします。

独立することも夢ではない

保険販売者の資格を追加取得すれば、保険販売で独立することも可能です。特に、ファイナンシャルプランナーは公平・中立の立場から顧客の資産形成に関するアドバイスを行う職業ですので、保険会社に勤務する場合と違い、様々な会社の保険商品を販売することもできます

主婦の場合は、おカネを稼ぐ以外にも

主婦の資格としては、おカネを稼ぐ以外の目的でも有効です。ファイナンシャルプランナーの知識を持てば、自分の家計のやりくりを上手に行えるようになるからです。

このように主婦の資格、資格で転職するという意味では、自分の価値を上げることが期待できるのです。