日商簿記検定は主婦の資格、資格で転職の№1の資格

私は、人材会社で働いている子育て中のOLです。お小遣いや家計のための主婦の資格、資格で転職したい女性向けのお薦めの資格をご紹介します。

まず、一押しは日商簿記検定です。日本商工会議所が実施している民間資格です。文字どおり、簿記に関する能力を判定するための資格です。お小遣いや家計のための主婦の資格、資格で転職としては、最低、簿記2級を取得する必要があると考えて下さい。

主婦の資格、資格で転職で一押しと申しますのは、以下の理由からです。

企業の経理職としての道が開ける

企業には事業所ごとに日々おカネの出入りを管理する経理担当者が必ず必要です。また、経理担当者は女性が多く、家庭の事情や結婚など個人的な事情で入れ替わりもある職業です。つまり、景気の良し悪しに関係なく、常に一定の求人があります。

ですから、日商の簿記2級以上を取得すると、再就職の場合でも、転職の場合でも、年齢に関係なく採用されやすくなります。再就職をしたいと思っている主婦の資格、資格で転職する両方に適しているといえます。

経理事務以外に経営管理を任せられる可能性も

日商簿記2級以上になりますと、製造業の経理に求められる工業簿記のほか、財務諸表を読むことができ、経営に関して理解できるようになることも求められます。ですから、経理の仕事で経験がある場合、日商簿記2級以上の資格を持っていれば、単に経理事務員としてだけでなく、企業の経営方針や経営計画を策定する経営企画の仕事に就ける可能性も出て来ます。

1級資格を取ると、税理士などの受験で優遇される

日商簿記1級資格を取得すると、税理士試験の受験資格が自動的に与えられます。税理士は、中小企業の税務書類の作成や申告、経営相談などを行える国家資格で、中小企業の顧問などとして、独立できます。転職ばかりでなく、独立を目指される女性にとっても、職業人としてのステップアップの入り口になるといえるでしょう。

数多くの資格の中でおすすめの行政書士に
合格するために効果的な通信講座の口コミやランキングを掲載されております。
→行政書士の通信講座の比較